これを知れば舌を巻く〜タンだけに〜

ushi_tan
牛タンといえば仙台名物の料理ですね。実際に仙台市内にはたくさんの牛タン専門店がありますし、全国にお店を店舗展開していたりもします。そんな牛タンにまつわる豆知識があります。そんな豆知識を知ると感心すると思います。

そもそも牛タンが食べられるようになったのはいつ頃のことなのでしょうか。日本で牛タンが食べ始められるようになったのは、1948年のことです。もともと牛タンは洋食料理にて使われていた素材であり、日本ではまだ食べる文化が定着していませんでした。

仙台の焼き鳥店主の男性が、他のお店とはちょっと違ったメニューを作りたいとのことで洋食料理の中で使われていた牛タンを焼いて提供したのが牛タン料理の始まりだと言われています。

当初は牛タンという新しい食材が珍しくて、一部のお客様には好評だったようです。

詳しくはこちらの記事へ
   → ここまでうまい、塩コショウで食べる牛タン

そして高度経済成長期になり他県から仙台へ仕事で来る方が増えて、そこで牛タンの味を知り牛タンの美味しさを口コミで広げていったのです。

さらには牛タンがお肉の中でもヘルシーであることがテレビなどで取り上げられたことにより、女性にも牛タンの愛好者が増えたのです。

仙台名物の牛タンといえばステーキのようなふっくらとした肉厚のあるのが特徴になります。一方で私たちが焼肉店で食べる牛タンは薄っぺらい牛タンになります。牛タン専門店で提供されている牛タンは、舌の部分でも最も柔らかい部分だけを使っていること、熟成作業をすることにより、厚みのあるジューシーな味わいが楽しめるのです。